戯言なので、あまり本気になさらぬよう…

雑記0 当サイトについて

雑記1 初心者にありがちなこと

雑記2 エラーメッセージ集

雑記3 標語・診断

雑記4-1 間違ったエフェクト辞典(T)

雑記4-2 間違ったエフェクト辞典(U)

雑記4-3 間違ったエフェクト辞典(V)

雑記5 雰囲気上級者への道

雑記6 検索語録

雑記7 中・上級者にありがちなこと

雑記8 レベル99のAE使い

雑記9 作例逆引き

雑記10 雰囲気で作った動画用語解説

雑記11 詰めAE

雑記12 属性表現の部屋

雑記13 ネタ画像集

雑記14 いろいろな比較

雑記15 動画制作に便利な素材の感想


レベル99のAE使いにありがちなこと

常人では及びもつかない高みに達したAE使いに関する噂の数々です。

手付けで正確無比なカメラトラッキング

逆にもうデフォルトのレンズフレアしか使わない

一度もRAMプレビューを使ったことが無い

一度もCtrl+Zを使ったことが無い

風になびく髪の毛のマスク切りで息抜き

PCの音だけでレンダリングに要する時間が分かる

マウスを動かす手が速すぎて静止して見える

打ち合わせ中にスマホでAEを起動。その場で完成。終了

作業中にモニターが故障。しかし難なく完成

作業中に停電。しかし難なく完成

関与していない動画を探す方が難しい

これから撮るはずの実写がAE内で既にできていた

発注しようと思ったら、もうアップされていた

本人以外のPCでaepを開こうとしたら、激しい振動と共に煙が

AEが落ちたらAdobeの重役クラスが直々に謝罪に訪れる

作業画面が全世界に中継される。作業が始まるとテレビ東京でさえも番組を中断

エクセルかと思ったらAEだった

FFの最新作かと思ったらAEだった

Youtubeかと思ったら再生可能な動画も含めて全てAEだった

リアルなガラス。CS6かと思ったらVer6.0で作っていた

既にVer80.0まで所持しているとされる

フォトショップ、イラストレーターは一度も使ったことが無いが、
遥かに上回る性能のプラグインを自作している

まずAEが起動してからプラグインとしてOSが起動する

AEの3DS版を自作。なんとゲームボーイ版も

Particularかと思ったら、数百万個の丸いレイヤーを一つ一つ手動で動かしていた

衝突、破壊等全て手付け。現存するあらゆるシミュレーターよりも正確とされる

「京」は電卓程度という認識

起動画面に登場

1クリックにつき数千万円という噂が

白平面が作品としてオークションに。海賊版が出回り社会問題化

エクスプレッションが芥川賞

aepが国宝に

PCが、まだ使っているのに世界遺産に

全てのパート(ヴォーカル含む)をAEのトーンエフェクトで作った楽曲、
「最後に一度だけ保存するチャンス」が国内のみならず世界各国のヒットチャートを席捲

産声が「メエェェェェェッ!」だった

その日、全ての国家元首がInfernoの保有を決意したとされる

最初に発した言葉は「Media Coreを初期化しています」

初めてAEをインストールした日は国民の休日

ホームビデオの運動会の背景を全てオリンピック会場に差し替えたことは有名

夏休みの自由課題で、AEの平面だけでエヴァンゲリオンを作成。同様に人物も作り全話完全再現。
ある再放送の際、誤ってこれが使用されたが最後まで誰も気がつかなかった

劇場で見た「トランスフォーマー」を記憶を頼りにAEだけで再現
監督の意向により、DVD版は全カットがAE版に差し替えられている

ペイントエフェクトのみで作成した「最後の晩餐」は精巧すぎて専門家にも見分けがつかない

レンダリング開始前にはニュース速報が入ることになっており、専用の警告音が用意されている

レンダリング中は、政府中枢機関を除き停電

レンダリングが終了した日、世界の全ての戦場で銃声が止んだ

万が一マシンが停止した場合、
急激な気温の変動により氷河期に突入するのではないかと危惧されている

動作がイージーイーズ

表情がメッシュワープ

骨折をパペットツールで何とかした

急激に若返ったと思ったら、ただのタイムリマップだった

心臓が停止し死亡したと思われたが、ただの停止したキーフレームの切り替えだった

彩度を上げたら生き返った

想像で造り出した巨大なヤギと闘い出す

脳をCTスキャンしたらフラクタルノイズが

aepを目にした人が何かを叫んだ後、そのまま帰らぬ人となった

よく見たらコンバッションだった

最終的に「静止画でいい」という境地に

モザイクを除去できる

リアルな火や水を作れる

カーブエディタを思いのままに操れる






ご意見・ご感想はこちらまで
Copyright(C)baaaf 2013, all rights reserved.